カードゲーム「ドミニオン」のルールについて

寵臣をプレイし、「+2コイン」と「あなたは手札すべてを〜」のどちらの効果を選ぶか選択した後で、他のプレイヤーが堀などのリアクションカードを公開した場合、どうなるか?
アタックカードに対するリアクションカードは、そのアタックカードがプレイされたときにしか公開できない。そのため後から公開することは不正なプレイとなるが、しかし寵臣のプレイからその効果の選択までの間が短い場合に他のプレイヤーがリアクションする猶予がなくなってしまう。実際には寵臣をプレイしたプレイヤーが他のプレイヤーに対し、リアクションするか否かを問うべきであり、問わずに効果の選択をした後でリアクションがあった場合にはそれを認めるべきだろう(その際は効果の選択をやり直す)。
これは寵臣の他に、海賊船などのアタックカードについても同じ。あるいは司教をプレイして他のプレイヤーの廃棄待つときや、愚者の黄金があるゲームで属州を獲得したときなども同じく、他のプレイヤーが何かする可能性があるときにはそれを待つべきだろう。

このページへのコメント

ありがとうございます。

Posted by 初心者3 2017年03月17日(金) 10:21:39

コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら

画像に記載されている文字を下のフォームに入力してください。

「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

【メニュー編集】

間違いやすいルール

エラッタ・変更されたルール

  • 持続する玉座の間の枚数?
  • 画策で戻した隠遁者?
  • 場から離れたはみだし者
  • 支配ターン中のトークン?
  • 山札が足りない場合のシャッフルタイミング?
  • 場に残る玉座の間の条件?

リンク集

メンバーのみ編集できます