カードゲーム「ドミニオン」のルールについて

カードテキストの区切り線

他のプレイヤーが女魔術師をプレイしたとき、手札から隊商の護衛をリアクションした場合、何が起こるか?
女魔術師によって効果が「+1カード、+1アクション」に変更されるアクションカードは、自身のターンの最初にプレイが対象である。そのため自身のターンでないときにプレイされた隊商の護衛はその対象にならず通常通り処理され、改めて自身のターンの最初にプレイされたアクションカードの効果を変更する。
他のプレイヤーが2枚の女魔術師を持続させているとき、自身のターンに最初にプレイしたアクションカードの効果は「+2カード、+2アクション」になるか?
「+1カード、+1アクション」になる。またその次にプレイしたアクションカードの効果は「+1カード、+1アクション」にはならず、通常通り処理される。
他のプレイヤーが女魔術師を持続させているとき、自身のターンのアクションフェイズ中にアクションカードをプレイせず、夜フェイズにWerewolfをプレイしたとき、何が起こるか?
その冠が「自身のターンに最初にプレイしたアクション」であるため、Werewolfの効果は「+1カード、+1アクション」に変更される。それが夜フェイズ中であっても。
他のプレイヤーが女魔術師を持続させているとき、自身のターンのアクションフェイズ中にアクションカードをプレイせず、購入フェイズに冠をプレイしたとき、何が起こるか?
その冠が「自身のターンに最初にプレイしたアクション」であるため、冠の効果は「+1カード、+1アクション」に変更される。それが購入フェイズ中であっても。
女魔術師の効果によって自身のアクションカードの効果が「+1カード、+1アクション」に変更されたあと、それに対し御料車を呼び出したとき、何が起こるか?
御料車による2回目のプレイは「自身のターンに最初にプレイしたアクション」ではないため、通常通りの効果として処理される。
他のプレイヤーが女魔術師を持続させているとき、脇に置かれたGhostの効果によって自身のターンの開始時にアクションカードを2度プレイするとき、何が起こるか?
1度目のプレイは「+1カード、+1アクション」に変更するが、2度目のプレイはそのカード本来のテキストに沿う。
他のプレイヤーが女魔術師を持続させているとき、王子や召喚でプレイされるカードも「+1カード、+1アクション」に変更されるか?
される。それらが複数あれば、そのうち最初にプレイされるもののみが変更される。
他のプレイヤーが女魔術師を持続させているとき、はみ出し者をプレイし、他の「区切り線」のあるカードを指定できるか?
そもそもはみ出し者の「他のカードを指定する」効果がなくなるため。できない。
他のプレイヤーが女魔術師を持続させているとき、自身のターンの最初にプレイするアクションカードがアタックカードである場合、他のプレイヤーはそれに対しリアクションできるか?
できる。女魔術師はカードの種類までは変更しない。
他のプレイヤーが女魔術師を持続させているとき、自身のバニラトークンが乗っているアクションカードをプレイした場合、トークンによる効果は得られるか?
得られる。女魔術師はトークンの効果までは打ち消さない。
他のプレイヤーが女魔術師をプレイしたとき、自身のターンに最初に持続カードをプレイしたとき、そのカードは持続するか?
そのカードのテキスト内に仕切り線があり、その下の効果が次のターンに影響すれば持続する。そうでなければ持続しない。
※Nocturneまでの拡張、Dismantleまでのプロモカードのうち、この条件を満たすカードは存在しない。灯台や橋の下のトロルは仕切り線を持つが、その下の内容は「次のターン」に効果を生むものではない。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

【メニュー編集】

間違いやすいルール

カード別

リンク集

メンバーのみ編集できます